ブログ

衣替えの季節ですね。

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

今日から衣替えですね。とはいえ、5月からの真夏日のような暑さ・・・。個人的には、この時期を待たないうちに衣替えをされた方も多いかと思います。今日も長岡では最高気温29度となり、例年と異なる6月のスタートとなりました。

 本日も定例の全体朝礼が行われました。本日より安全週間の準備期間となり、7月1日の安全週間に伴い本日より気を引き締めて安全作業に取り組んでいきましょうと社長より話がありました。全国安全週間とは、「中央労働災害防止協会」が行っているもので、労働災害防止活動の推進を図り、安全に対する意識と職場の安全活動のより一層の向上に取り組む週間です。 昭和3年に第1回が実施されて以来、一度も中断することなく続けられ、本年で第88回を迎えるものです。この安全週間では労働災害0(ゼロ)をめざし、 この機会に職場における労働災害防止活動の大切さを再確認し、積極的に安全活動に取り組んでいこうという期間でもあります。

 ここ最近の気温の上昇もあり、今月の発表者2名と社長からも熱中症の話題が出ました。昨年の熱中症での死者は12名と過去10年間では2番目に少なかったものの、死傷者数は423名と依然高い状況であること、その中で業種別に見ていくと、建設業が最も多く発生しているとのことでした。また、月別では7月と8月に9割発生し、時間帯では14時~16時が最も多く、また、日中の作業終了後に帰宅後体調が悪化し病院に搬送されるケースも目立っているそうです。

熱中症は、必ずという対処方法もなく、個々に対応策も違うため、毎日の体調管理はもちろんの事、いつもと違うな?と感じたらすぐに休憩をしたり、横になったりし、決して無理をしないことがとても重要です。

会社では現場ごとに毎日KYを行い、熱中症対策キットや、塩飴などを用意するなどしておりますが、水分をこまめにとったり、アメ等を舐めるなど、自分でも気を付けていかなければいけません。

 現場作業は簡単に休んだりできないことも多いかと思いますが、自分の体調は自分が一番よくわかるかと思いますので、みなさん暑い時期は睡眠をたっぷりとって、翌日に疲れを残さず、気を付けて毎日頑張ってほしいと思っております(^o^)

 

 また、今月の講習会の発表者の中で「健康寿命を延ばす為の運動」についての講演を聞きに行った社員がおり、ちょっと興味のある話でしたのでご紹介いたします。

皆さんは男性、女性の平均寿命はご存知ですか?男性は80歳、女性は87歳だそうです。では、男性、女性別の健康寿命は?健康寿命とは、他人の介護を受けず、自力で生活できる寿命だそうですが、みなさんいかがですか?

正解は男性が72歳、女性が74歳とあまり差がないのに驚くと同時に、女性は74歳~平均寿命の87歳まで介護生活を送る人がいるというデーターに愕然としました(>_<)講演ではこの健康寿命を延ばしましょうという内容のものだったようですが、主に女性は骨が弱く骨粗鬆症になる確率が多いそうで、事務仕事をしながら骨を鍛える運動が紹介されていたとのことで、早速社内で実践してみました。

 1つ紹介すると、椅子に浅く腰掛け、両足裏を床につけた状態で始めます。腕を大きく振りながら膝を上げて足踏みをします。この時きちんと足の裏全体を床につけるように。しばらく足踏みをした後、全力疾走するように腿を上げながら15秒、そのあとインターバルのようにまたゆっくり始めの様に足踏みし、を繰り返すそうです。足踏みをすることで、踏んだ振動が骨に伝わり、骨密度が少なくなるのを防げるそうです。

これなら仕事の合間にも少ししてみようかな~と思いますよね。皆さんもぜひお試しください(^^)/