ブログ

女性部会「地域拡大幹事会」

皆様こんにちわ。

すっかりブログをご無沙汰してしまい、気がつけばもう10月半ば過ぎ・・・。

皆様はいかがお過ごしですか?

 

先週末に直撃した台風19号の被害は、関東だけではなく新潟県にも各地で浸水被害がありました。ブログをご覧いただいている方の中にも、被害にあわれたり、または社内で災害復旧作業に追われている業者様も多くおられるかと思います。

私共の会社の近くでは幸い大きな被害はありませんでしたが、やはり暴風などで木が倒れ通行の妨げになる状況がありました。また、夜中に一番の暴風雨が近づいていたため、社内の担当者はその夜は何度も夜中にパトロールをしていました。

自然災害はとても脅威で、想定の範囲では考えられない事態が起こるものだと、考えさせられました。 今回の大雨により、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 

さて、先週11日(金)に「建設業女性部会 地域拡大幹事会」へ参加させていただきました。昨年度の開催の様子はブログにも書かせていただきましたが、とても楽しかったこともあり、今年も上司へお願いし参加してまいりました(*^^)v

 

今回は講師に占いカウンセリング協会の占金堂経営者の高橋佳生さんが招かれ、「社会の中での偏見」についての講演を行いました。この高橋さんは女性として生まれたが心は男であるという性同一障害であり、悩まれた実体験をもとにLBGT研修(LGBTの意味は、こちらを参照くださいhttp://www.moj.go.jp/JINKEN/LGBT/index.html

・・・世の中には、いろいろなセクシャリティ(性の形)があり、自分と違う少数派であるからといって偏見を持つのではなく、価値観や個性と一緒で多様性のあるものなんだという研修をおこないました。

 

その後の交流会ではグループごとにわかれ、女性活躍を推進する上で現状の課題や取組みについて意見交換を行いました。私のグループは、建築設計や、総務経理事務といった部署の方だけでなく課長、取締役などいった普段では、なかなかお話の出来ない方々ともご一緒することができました。(画像は昨年の様子と、とりまとめ)

 

男性には少し耳の痛いお話かも知れませんが、事務系の仕事でも男性と女性とは同じ仕事をしていても役職や給与の面で、格差があるのが現状のようです。しかしながら、現場に出て仕事をされている女性の技術者の方は、男性は仕事ができて当然という傾向がある中、女性がプロジェクトを達成すると男性以上の高評価をされるという利点もあるとも話しておられました。

また、事務職の方も多かったので自分の立場から見て、会社の問題点はありますか?とお伺いすると、やはり人手不足や、若者の離職率の多さなどを多数あげられておりました。

 

若手の技術者を育てるためには、給与や休みを増やすことを重視するのではなく、若者を育てる環境を整えるべきだと思いますが、自分も中堅どころの為、よく「自分が君たちと同じくらいの時は・・・」なんてついつい言ってしまいがちです。今は時代が違うため、彼らの環境や意識が違うことを認識し、お互いに歩み寄ることが大事なのかな~という意見がやはり出ていました。若手社員は何もできないのではなく、何をしたらいいかわからない。また、見て覚えてきた管理職の方は、どう教えていいかわからないという悩みがお互いにあるようです。

 

今回のグループの皆様も幹事の方をはじめ、とても気さくで話しやすい方ばかりで、女性ならではの悩みに共感したり、お互いについて話しているうちに、あっとゆう間に交流会が終わってしまいました。

こういう会に出席して来られる方は、みなさん女性らしくパワフルで、一本心の通った方ばかりりで、お話はとても自分の為になり励みになります。今回も、たくさんのパワーをもらいました!!女性部の皆様、本当にありがとうございました(*^-^*)